ガセリ菌ヨーグルトとガセリ菌配合サプリメントの違い



ガセリ菌ヨーグルトとガセリ菌配合サプリメントの違いですが、ガセリ菌配合サプリメントの製会社に問い合わせたところ、ガゼリ菌については市販のヨーグルトと特に違いはないとのこと。

違いといえば、市販のガゼリ菌入りヨーグルトよりもガセリ菌配合サプリメントの方が、乳酸菌の種類と量が多いのが特徴だそうです。

ガセリ菌ヨーグルトとガセリ菌配合サプリメントの違いをし調べてみると、ヨーグルトの場合は(人によりますが)1日に食べる量に限界があり、色んな種類の乳酸菌を摂るのは難しいみたいです。

その点ガセリ菌配合サプリメントは、ガセリ菌以外にも、色んな種類の乳酸菌が配合されているため、一度に多種の乳酸菌を摂取できることがいいようです。




「乳酸菌革命」のメーカーにガセリ菌配合サプリメントのメリットを聞いてみた




【健康いきいき倶楽部さまよりご回答】
このたびは、お問い合わせいただき誠にありがとうございます。健康いきいき倶楽部でございます。

お問い合わせいただいた、乳酸菌革命と市販のガゼリ菌入りヨーグルトのガゼリ菌につきましては、ガゼリ菌じたい市販のものとは特に違いはありません。。

乳酸菌革命は、市販のガゼリ菌入りヨーグルトよりも乳酸菌の種類(1粒に16種類)と量(1粒に500億個)が多いのが特徴です。

量の点では、乳酸菌革命は1粒に機能性ヨーグルト5個分(500億個)の乳酸菌が入っています。

種類の点では、市販のヨーグルトがガゼリ菌など1種類に対し、乳酸菌革命は、1粒にガゼリ菌だけでなく、ビフィズス菌、ラブレ菌など16種類の乳酸菌を配合しています。

コンビニなどにあるヨーグルトコーナーのいろんな種類の乳酸菌が1粒に収まったようなイメージをもっていただけるとわかりやすいかと思います。

この機会にぜひご検討くださいませ。


「乳酸菌革命」についてもう少し詳しく知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてください。

<< 乳酸菌+ビフィズス菌+ガセリ菌が一度に摂れる「乳酸菌革命」




インフルエンザ感染予防効果が期待できるガセリ菌




みなさんよくご存知のヤクルトに含まれる乳酸菌「ラグトバチルス・カゼイ・シロタ株」です。

インフルエンザウイルスにかかった老齢のマウスにこのシロタ株を入れたエサを4ヶ月与えたところ、免疫に関係するNK細胞の活性が上がり、体内のインフルエンザウイルスの量が減ったのです。

シロタ株を与えなかったマウスは、NK細胞の活性が下がり、インフルエンザウイルスの感染が重症化してしまいました。

NK細胞は、ナチュラルキラー細胞といい、その名のとおり、「殺し屋」の役割を果たします。

ウイルスなどの敵を見つけると攻撃し、殺してくれるのです。

シロタ株は、このNK細胞を活性化する役割を果たすことがわかっています。

NK細胞は、インフルエンザや風邪などのウイルスのほか、がん化した細胞を殺す働きもするため、がん予防にも効果があるといわれています。

また、「ラクトバチルス・アシドフィルス・L-92株」という乳酸菌にも、インフルエンザや風邪の予防効果があることがわかっています。

L-92株の入ったヨーグルトを冬の時期、毎日100グラムずつ8週間食べてもらったところ、食べていないグループに比べてインフルエンザウイルスの濃度が低いという結果が出ました。

また、ウイルスに感染して発症した場合も、38度以上の熱が出た人の割合がヨーグルトを食べたグループのほうが低く、せきやのどの痛みといった症状も軽いことがわかりました。

このように、予防だけでなく、諸症状を緩和する力があることが期待されています。

また、A型インフルエンザ感染には、ガセリ菌SP株に予防効果があると確認されています。




ラブレ菌、ビフィズス菌、ガセリ菌がたっぷり配合!



乳酸菌革命
「乳酸菌革命」は話題のラクトバチルス菌と3大乳酸菌を配合したパワフルなサプリメントです。乳酸菌を耐酸性カプセルでしっかりガードしているので、生きたまま腸に届いて腸内を元気にしてくれます。


【乳酸菌革命:最安値チェック】
アマゾンが3,065円+185円の配送料で合計3,250円。

楽天で価格が安い順で検索した結果が、3,066円+メール便185円で合計3,251 円でした。

そして、最安値だったのがコチラの公式オンラインサイトで2,880円+送料1 20円の合計3,000円。

更に、定期コースだと2,730円+送料無料で合計2,730円だったんです。しか も、乳酸菌配合のプーアール茶まで付いてくるんです。
 

詳しくはこちら>>



ガセリ菌には内臓脂肪を減らす効果が…




ガセリ菌SP株には、内臓脂肪を低減する働きなどがあることが確認されています。

肥満傾向の人に、1日200gのガセリ菌SP株を含むヨーグルトを12週間摂取してもらうという試験をおこないました。

その結果、平均で内臓脂肪面積が4.6%、皮下脂肪が3.3%、ウエストが1.8%、体重が1.4%、それぞれ減少しました。

この効果に関するはっきりとしたメカニズムはまだ明らかにされていませんが、ガセリ菌SP株が腸の動きを活発にさせたことで食べ物の移動が早まり、脂肪や糖分の過剰な吸収を防いだのではないかとも考えられます。




ガセリ菌配合!7種類の乳酸菌が一気にとれる「乳酸菌革命」
腸内環境を改善し腸内フローラを整えるために重要なラブレ菌、ビフィズス菌、ガセリ菌をたっぷり配合しています。耐酸性カプセルなので腸に生きた乳酸菌がしっかりと届く…  もっと詳しく知りたい方は…





ガセリ菌SP株の名前の由来



ガセリ菌SP株は雪印メグミルクが見出した菌で、正式名称をラクトバチルス・ガセリSBT2055といいます。

この菌は、健康な日本人のおなかに存在する乳酸菌で、小腸に多くすんでいます。

このため、ガセリ菌SP株を使用した商品には、主に大腸で働くビフィズス菌などと組み合わせたものが多<見られます。

ガセリ菌SP株の「SP」は旧雪印乳業が発見した株という意味で、スノー・プロバイオティクス(Snow Probiotics)の頭文字を指します。

このページの先頭へ